投資

ニュアンスが2人の新しいアイカーン支持メンバーを取締役会に追加

'で 指名と停戦合意 ' の間に ニュアンスコミュニケーションズ (NASDAQ:NUAN)およびIcahnGroup-以下を含む複数のエンティティを参照するために使用される名前 アイカーンエンタープライズ (NASDAQ:IEP)、アクティビスト投資家のカール・アイカーンが所有および管理している-双方は、アイカーンの息子ブレットとデビッド・シェクターをニュアンスの取締役会に指名することに合意した。 発表 今日。取締役会の追加は直ちに有効になり、ニュアンスの取締役会の数は11人になります。

停止契約とは、潜在的な買収対象、この場合はニュアンスと既存の株主(カール・アイカーンと彼の企業グループがニュアンスの16.7%を所有)が、問題の株主が支配的な数の株式を取得しないことに同意する取り決めです。会社で。

カール・アイカーンとニュアンスの間の停滞協定は、アイカーングループが「2014年の年次株主総会の前に来る問題」への投票を求めたり、2014年の株主総会の前にニュアンスの20%以上の所有権を蓄積したりしないことを規定しています。引き換えに、ニュアンスは昨日のによると、ブレット・アイカーンとシェクターの取締役会への任命を承認することに同意した。 SECファイリング





両者の間で締結された取引は月曜日に発効し、ニュアンス2014株主総会が終了するまで、またはアイカーンの被指名人がニュアンス取締役会に残るまで有効です。

発表によると、ブレット・アイカーンは2002年から父親の事業に積極的に関わっており、シェクターはカール・アイカーンと10年近く協力してきました。



リンク



^