投資

2019年上半期にシステムサービス全体が57.8%急増した理由

どうしたの

トータルシステムサービス (NYSE:TSS)によると、2019年上半期の株価は57.8%上昇しました S&Pグローバルマーケットインテリジェンス 、会社として 買収に合意グローバルペイメント (NYSE:GPN)。この買収は、2019年上半期に決済業界で3番目の主要な買収となりました。 Fiserv 'NS(NASDAQ:FISV)の買収 ファーストデータ株式会社 (NYSE:FDC)フィデリティナショナルインフォメーションサービス '(NYSE:FIS)の買収 Worldpay (NYSE:WP)。そのため、新たな競争上の脅威の中で、防衛上の必要性から買収が行われたのではないかと考える人もいるかもしれません。

だから何

取引の一環として、Total System Servicesは、Total SystemServicesの1株あたり0.8101Global Paymentsの株式を取得します。これは、215億ドルの株式価値に相当します。買収の時点では、それはわずか5.7%のプレミアムであり、それぞれ29%と21%のプレミアムで行われたWorldpayの買収よりもはるかに低いプレミアムでした。もちろん、Total Systemの買収は、First DataとWorldpayの買収が行われてから数か月後の5月に行われ、2018年12月の急落からさらに市場が回復しました。

デイトレーダーはいくら稼ぎますか
顧客はカフェで電子カードリーダーに電話をかざします。

画像ソース:GettyImages。





合併後、Global Paymentsは合併後の会社の52%を所有し、Total Systemの株主は残りの48%を所有します。この組み合わせにより、電子取引のマーチャント側と発行者側の両方にペイメントソリューションを備えた会社が作成されますが、新しいグローバルペイメントの収益の68%はマーチャントからのもので、22%が発行者からのもので、さらに10%が発行者からのものです。消費者向けソリューション。

それで

合併後の会社は、他の2つの主要な合併企業や、次のようなフィンテックの新興企業と戦うことになります。 四角 とヨーロッパの Adyen 。これは大変な作業であり、少なくとも1人のアナリストはそれほど強気ではありません。



2021年に投資するのに最適な会社

NomuraInstinetのDanDolevは、買収はやや必死であると考えており、Squareのキャッシュアプ​​リと新しいデビットカードが、銀行不足のTotalSystemのNetspendサービスを脅かす可能性があることを指摘しています。さらに、Dolevは、ネットワークオペレーターと比較して、第1四半期のTotal Systemの収益は4.8%しか増加せず、北米のネットワーク料金は3%しか増加しなかったと指摘しています。 見せる ボリュームが8%増加していることから、TotalSystemが何らかの理由で業界に遅れを取っている可能性があることがわかります。

それは、グローバルペイメントとトータルシステムサービスの提携が最後の大規模なペイメントメガマージャーであったという事実と相まって、今のところトータ​​ルシステムとグローバルペイメントに慎重になり、ペイメントディスラプターまたは以前の合併のいずれかを優先しますスペースで。



^